子どもの猫背・側弯症


側弯症の子どもは、すでに
体のどこかに不調があるはず


側弯症には、はっきりとした原因と、それに比例した背骨の曲がる側弯のパターンがあるのです。それは、外反母趾や浮き指の子どもは歩く時、左足の方が外方向へ必要以上に流れるので、足にねじれが生じ、いつしか左右差が定着してしまうのです。
このように、側弯症の原因も追求していくと、人間の土台となる足裏のバランスにたどりつくのです。これ以外にも、医学的な専門的指摘がいろいろとされていますが、いずれにしても、側弯症は首にも大きなゆがみ(ずれ)や変形、炎症、微細な疲労骨折、骨棘(こつきょく)を起こすので、原因不明の頭痛や腰痛、また肩こり・首こりに悩んでいる子どもが、今やあふれるほどいます。それらの症状は成人してからも続き、次第に慢性痛となり、さらに症状は悪化の一途をたどることになります。
 そして、この不調は一生続いてしまうという大きな問題があります。側弯症には土台である足のアンバランスが原因のもの以外に、先天的な要因によるものや、後天的要因となる脳性マヒ、筋無力症、筋ジストロフィーなど病気によるものがありますので、まずは医師の治療を受けてください。


Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ