子どもの「うつ」と登校拒否


子どもの登校拒否


激増する登校拒否の子どもたち

今や珍しい話ではないかもしれませんが、登校拒否で悩む子どもたちは一向に減る気配を見せず、解決の糸口を見いだせず苦しんでいるお子さんはもちろんのこと、お母さんお父さんもたくさんいらっしゃることと思います。
学校に行けない子どもには理由があります。もちろん、友達と喧嘩をしたとかいじめられているとか、はっきりした原因が分かっていれば手を差し伸べることができるのですが、今の子どもたちに多い登校拒否の原因は、実は、子どもたち自身もよく分からないのです。
だから、親も助けられないまま悩み、子どもも助けを求められず、お互いに苦しんでしまうのです。

 決定的な原因がない子どもの登校拒否には、実は、本人も親も分からない隠れた理由があったのです。
いち早くこれに気づき、苦しむお子さんに寄り添ってあげてください。助けてあげられるのは、お母さんしかいないのです。


原因不明の登校拒否の正体とは

 いじめられている・嫌なことがあったなど、決定的な原因で登校拒否になってしまうお子さんは、実にたくさんいます。しかし、今回問題なのは、そのような明らかな理由がなく、朝になるとだるい・学校に行く気力が出ない・起きられないなど、“なんとなく学校に行けない”場合の登校拒否の子どもたちです。この“なんとなく”が、実は一番子どもたちを悩ませているのです。

 しかし、この“なんとなく学校に行けない”子どもたちには、共通点があります。
それは、足裏が不安定であることなのです。
不安定な足裏とは、外反母趾浮き指(指上げ足)扁平足などを指します。
足裏が不安定な子どもは登校拒否になりやすいという、一見考えがたい事実が、今や常識になりつつあります。



このような、外反母趾浮き指(指上げ足)扁平足などの異常が足裏にある子どもは登校拒否になりやすいという傾向にあります。
足裏と登校拒否には、一体どんな関係があるのでしょうか?
詳しく説明していきます。


Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ