子どもの自律神経失調状態


自律神経を安定させるドッグブレス呼吸法


ドックブレス呼吸法」とは、強めの速い呼吸法のことで、犬が運動の後や暑い時にハアハアと激しく速い呼吸をして、体温調節をはじめ酸素を多く取り入れることにより自律神経の働きを助け、身体の各器官や臓器を調整して、早く正常に戻そうとしているのです。
これを人間に取り入れたものを「ドックブレス呼吸法」と呼んでいます。この呼吸法を自律神経失調症状やうつ症状を訴える2000人の患者さんに実行してもらったところ、1ヶ月位して慣れてくるとほとんどの人の症状が軽くなり、体調が良くなったと報告してくれます。このことから、うつや自律神経失調症にはこのドックブレス呼吸法がかなり有効であると確信しているのです。


うつや自律神経失調で体調の悪い人を観察すると、弱く浅い呼吸をしているのが分かります。弱く浅い呼吸は、当然血液中の酸素量も減ってしまうので、脳が酸素不足(酸欠状態)になってしまい、それを防ごうと交感神経が興奮し続けるので、疲労と共に体調が悪くなってしまいます。
このドッグブレス呼吸法は酸素と共に血行が良くなり、栄養がエネルギーとなって各器官や臓器に運ばれるので、全身の緊張がほぐれ疲労回復と共に、もうひとつの神経である副交感神経とのバランスが保たれ落ち着いてくるのです。また、酸素が十分取り入れられるということは脳の緊張もほぐれ精神の落ち着きと共に身体がリラックス状態になり、「βエンドルフィン」という「リラックスホルモン」が盛んに分泌され、自律神経が正常・中立(ニュートラル)になってくるのです
よく言われているように、プラス思考や瞑想あるいは笑うことでも「βエンドルフィン」が多く分泌されますが、ドックブレス呼吸法が慣れてくると次第に深い呼吸、腹式呼吸ができるようになってきます。このドックブレス呼吸法は横隔膜が上下運動して、腹部のマッサージ効果や心臓のポンプ作用を助けるので、酸素を十分に取り入れることができ「βエンドルフィン」も盛んに分泌されてきます。酸素が十分に行き渡ると、筋肉が弛緩して脳や各機能・臓器の働きが安定し正常になるので、血圧も下がってくるのです。ドックブレス呼吸法は横隔膜を運動させ肺の筋肉を鍛えることによって、酸素をより多く取り入れることを目的にしています。

 交感神経ばかりに片寄りがちな自律神経失調状態の人、そして忙しすぎて余裕がない現代人には、副交感神経を優位にする「ドッグブレス呼吸法」でリラックスすることが必要不可欠であると考えています。


ドッグブレス呼吸法の正しい方法

 副交感神経を優位にし、リラックスさせるドッグブレス呼吸法を実践しましょう。


足を心臓の3倍くらいの高さに保ってドッグブレスを行うと効果的。 目安は脚の角度が45度くらいです。


1. 口の形は唇をなるべくすぼめて、呼吸する際に負荷をかけることが大切です。
そうすることで肺の中に空気が行き渡ります。


2. 唇をすぼめた状態で、お腹に力を入れて一気に、力強く息を吐きます。


3. 次に、息を吐き切った勢いで力強くしっかりと吸います。これを速いスピードで繰り返します。


ドッグブレス呼吸法は、就寝前や朝起きる前にベッドの上で仰向けになった状態で300回以上行うのが望ましいです。この時必ず数を数えながら行うこともポイントです。
なぜなら、数を数えながら行うと脳へ酸素の供給が多くなって自律神経が安定するからです。また、不眠症・身体が重だるい・頭痛・肩コリなど調子がいまひとつよくない時に仰向けになって500回位行うと、その直後から急に眠くなったり気分をすっきりさせることができます。これが、副交感神経が優位になったということなのです。
 これを習慣にすることで、交感神経ばかりが働いていた体が、副交感神経の働きを起こさせ、自律神経に片寄りがなくなり安定してくるのです。
いつでもどこでも簡単にできるドッグブレス呼吸法をぜひ実践して、自律神経を安定させましょう。


Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ