子どもの自律神経失調状態


自律神経失調状態を
起こしてしまう隠れた原因


自律陰茎失調状態は、大人だけでなく子どもにも非常に多く見られます。
その人たちに共通してみられるのが、「足裏の異常」なのです。
足裏の異常」とは、外反母趾浮き指(指上げ足)・扁平足などのことを指し、体のバランスを上手に保てず、地面からの衝撃を過剰に受けてしまうことが最大の原因なのです。



足裏に外反母趾や浮き指(指上げ足)、扁平足などの異常があると、地面からの衝撃を足で吸収できずに、直接体の上部へ伝えてしまいます。地面から伝わる衝撃を、体のてっぺんであるに受けてしまいます。割合では女性に多く見られますが、男性にも起こり得るものです。頚椎と頭がい骨の接続部に集中している自律神経が圧迫・刺激され、伝達不良により誤作動を起こしてしまいます。これが、自律神経失調症の隠れた原因だったのです。


しかし病院でこの診断を受けた人のほとんどは、なぜそうなったのか、どうやって治すのかなど分からないままで、自分でもどうして良いのか分からず、苦しい毎日を送っているのが現実です。
それは、原因が足にあると、まだ世間が気づいていないからなのです。
原因が分からないから治せない。予防もできない。そして最終的には「心」の問題にされ、悪いのは自分だと思い込んでしまうのです。

 自律神経失調症で悩み、原因が分からず苦しんでいる人。どうか一度、足を見てみてください。隠れた本当の原因を見つけ、正しい治療法で解決させていきましょう!


自律神経失調状態の対策は足裏から


Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ