子どもの健康を守る重力とのバランス医療


「10方向の診断」が医療の基礎になる


原因のはっきりしない痛みや体の不調、慢性痛を解明する方法を「8方向の診断」と呼んでいるのに対し、原因をはっきりと特定できる2つのアンバランス「先天的アンバランス」と「後天的アンバランス」を加えた診断法を、「10方向の診断」と呼んでいます。
先天的アンバランスとは、遺伝や生まれつきのアンバランスと考え、後天的アンバランスはケガや病気によるアンバランスと考え、8方向の診断をする前の重要な判断材料として用います



現在、色々な治療法や健康法、癒し的行為が氾濫していますが、それぞれを医学として学問づける場合、その基礎となる理論は、「10方向の診断」の図からも分かるように、次の5つに分類することができます。

(1) 遺伝医学 (2) 構造医学 (3) 過労医学 (4) 環境医学 (5) 臨床医学

分類することによって、それぞれの治療法や健康法、癒し的行為を区分けしてから研究することができ、効率性が高まり、より高度な医療へと進歩することができます。


Kasahara

変形性ひざ関節症の痛みは98%サラシ一本で治る!

施術予約 TEL:045-861-8558

商品案内 TEL:045-861-8944

▲ ページの先頭へ